isseyさんのブログぅ

新連載「まどろみのじかん」はじめました。

みっどないと★まどろみたいむ Day 4

蝿の男、イッセイです。よろぴこ

 

さて、前回の更新から2ヶ月以上経っているわけですが、何をしてたかというと……。

ずーーーっとまふまふさん関連の動画観てたり、曲聴いたり、浦島坂田船のラジオ聴いてたりしてました。あとゲームしたり。

 

映画、ドラマ観ることが少なくなり、ウォーキング・デッドのS10が始まっていることも気づかないくらいでした。

 

最近観た映画は、『Us』『JOKER』『ジョン・ウィック:パラベラム』『エルカミーノ』『イエスタデイ』といったところ。

 

んで、我が偉大なるA HIDEO KOJIMA GAMEである『DEATH STRANDING』が、もうすぐ発売です!!!!!! 11月8日!前の日の24時から遊ぶつもり。

 

マジで気が気じゃない。

f:id:isseyblog:20190929150440j:plain

こんな風にグッズを集めてたり。マッツさんのTシャツも持っている。

 

卑屈ブスな私はうじうじと「あぁ…遊んだら終わっちゃう…」「何年も楽しみにしてた作品が世間からなんて言われるだろうか…」「きっと1週間くらいでクリアしてしまうんだ…」と怖がっています。

 

でも、それが俺だ。(┓^ω^)┛))ヨイサヨイサ

 

あと、我が偉大なる"まふまふ"の5thアルバム『神楽色アーティファクト』が10月16日に発売しますね。2年ぶりだそう。どうしても好きなものがあるとインタビューから何から何まで、詳しく調べないと気がすまない症候群のワタシとしては、いまこのタイミングで知れたことがすごく良かったと思いますね。

 

10月号の『CUT』に書かれてる「今の時代に生きる人間としての摩擦や苦悩、やるせなさやぼんやりと全身を満たしている悲しみ、あるいは、何者にもなれないことの虚しさ」とか「世界の停滞を切り裂いていくようなあのハイトーンボイスからは、この大都会で、茫洋とした時代を生き抜こうとしている"誰か"としての息遣いが伝わってくる実感があった。」などと書かれていた。

 

ひとことで「シークレットスーパースター」とも。

f:id:isseyblog:20190921125734j:plain

もともとはニコ動出身の人なので、その顔出しをほとんどしていないことも含めて"謎"に包まれているイメージがあるし(実際はそんなこともない)どこの事務所にも所属しておらず、一個人として来年の3月には、東京ドームにまで行ってしまう、並々ならぬグリットの持ち主でもある。

 

だけど、人が苦手。という、すごく今っぽい人でもある。ライブをすることにすら最初は消極的だったらしい。

 

いろいろと記憶をたどると、学生時代に狂ったようにニコニコを観ていて、生放送なんかが好きであほの坂田さん。や96猫さんの放送はよく観ていた。おそらく2009〜2011年の間なのかなと思う。

 

なのに、ひとっつも知らなかったのである。

 

歌ってみたとかもしょっちゅうではないが観ていたはず。

 

しかし、それもそのはずで、自分がだんだんと観なくなっていった2014年とか15年とか、それくらいに知名度が上がってきたようだった。

 

ネット視聴の歴史がぐる〜んとひとまわりして、いま自分の元に返ってきた感じです。なので、きっと気になっちゃったんだろう。

 

この2年くらいでグンとフォロワーやチャンネル登録者数も増えてる。そして何よりメディアに出ることや、こうした雑誌に特集されて、さぁ!これからが本番だ!と言った時期なんだなと思う。アルバムもそれに沿うように、ニッチな作品というより、音楽性も合わせてもっと広がりのある、どこでも聴いたことない新しい音楽になっていると思う。

 

www.youtube.com

 

ニコニコ的ともボカロP的とも歌い手的とも言えないものだと自分は思っている。

 

何よりハイトーンボイスがものすごく印象に残る。

そして僕としてメロディを聴くと喉の奥から涙が出そうになってしまう。喉の奥から。

 

ソロとして以外にも、After the Rainという名義で、そらるさんと一緒にユニットをやっていたりもする。こちらもまふまふ作詞作曲が多いのかなと思いもす。良い曲いっぱい。

 

しっかしどこのメジャーなミュージシャンも毎月数曲アップして、YouTubeに実写の動画も上げ、ゲーム実況をし、アルバムに20曲も収録する人がいるだろうか。しかも価格を抑え、あいだをとっても約2500円…。

 

とんでもない人だ…。

 

ナニワトモアレ

 

こうして何ヶ月かにいっぺん、自分の中でドカンとアタリを引くときがあって、そこに没頭してると、どうしてもブログを放置してしまうよ。というお話しでした。

 

あ、そうそう9月はホルモンのLIVEに、10月は山下達郎のLIVEを観てきました。それもとても良かった。ホルモンにいたっては、血湧き肉躍りまくっていたので、LIVE後体調がとても良くなりました。

 

いつも仕事もなにも、ちっとも楽しくないので、まだ自分の中にそんな感覚が生き残っていたことにびっくりしました。まだまだ何かできることはあるかもしれないのぅ…。

 

では、また。

みっどないと★まどろみたいむ Day 3

f:id:isseyblog:20190811115341j:plain

 

あぁ、すんぞうが重い。

我が人生、つくづく孤独だなぁ…。

 

最近みた『ロケットマン』で、エルトンが母親に電話でカミングアウトするシーンで、『前から知ってたわ。あなたは自ら孤独な道を選んだことを自覚するのね。それじゃあ、切るわね。』とこたえる、何とも悩ましいセリフがあった。(細かいところはあってない)

 

ぼくはそれを観て、もちろんジーンときてしまう。

あぁ、やっぱつれぇわ…(涙目)

 

はなしは変わって、仕事場の空いた時間で読んでいる、吉田棒一さんの『心臓日記』で、チャールズ・ミンガスというジャズ・ミュージシャンのはなしが出てくる。そんな彼の曲を聞きながら、いまこれを書いている。いいな〜。とっても聴きやすいジャズ。

 

いまならアップルミュージックでポンと検索して、配信されていればすぐに聴ける。このフットワークの軽さがいい。

 

んで、近況報告として、仕事がツレぇ…。

とにかく学校の教室かってくらいうるさい。今日も退勤する最後の最後で、おのぼりさんの2人がケンカをはじめた。決り文句の「怒ってるわけじゃないんだよ」も出ました!おめでとう!

 

まぁ何がひどいって、お互いに聞く耳も持たないのに1時間以上、仕事もそっちのけで言い合いしてるところだ。このご時世に暇な奴らだなー。と、誰かは言いそう。

 

一方は仕事のやり方について注意し、もう一方は自己弁護をまくしたてる。まるで自分に非はない。事前に説明のなかった会社が悪い!と立派に戦ってるつもりなんだろう。年齢としては、40〜30代だろうに、いまさらそのレベルの話しをするのか…。

 

なんというか部下が気に食わない上司と、なんとしてでも反抗したい部下のお互いに一方的なやり取りが、ずーーーーーーっと耳に入ってくるので、しんどかった。途中、退席をするほど。とにかくしつこい。怒るやつは大概しつこい。

 

愛されてない人間の行く末を見ているよう。

 

 

 

 

さて、そんなイッセイさんは、まふまふさんの動画観て今宵も癒やされることでしょう。まふまふさんすこ。だいすこすこてぃっしゅふぉーるど♡

 

www.youtube.com

 

そういや、タツローさんのラジオで、いま奥さんの竹内まりやさんと納涼夫婦放談やってるんだけど、まりやさんが「タツローの実家に行くと、いつもお母さんが幼稚園のお遊戯会で、みんなといっしょにやりたがらないタツローが、家に帰ってきてよく泣いていたってはなし好きなの」ってエピソードを話していて…

 

タツローさんは「母のいつものワンパターン。それしか言わない。こういうことラジオで言うと、盛られてどっかに書かれるから嫌なんです。」って、終始テレテレしながら言ってて、愛おしい。

 

そんなあんたの音楽がだいすき。

だってぼくも人と同じことするの、子供の頃から大嫌いだったもの。

 

余談だっちゃ。

ほんじゃ、また!

 

 

書きたいことやまほどあるの(*´ω`*)

隠れてラジオやろっかなーっておもってりゅ。

まどろみのじかん Day 6

f:id:isseyblog:20190816161206j:image

※今年行ったJOIN ALIVEの模様

 

RISING SUN ROCK FES on Twitter: "【8月16日(金)】開催中止のお知らせ 詳しくはこちら https://t.co/wmakQLDKbO #RSR19"

ぬおぉぉおおぉぉぉぁ!!

RISING SUN 1日目 中止!!!

 

あわわわわ(-.-;)

SHISHAMOスガシカオ、Attractions、ドレスコーズなど、楽しみにしてたLIVEがおしゃかになったー(涙)

 

それもこれも台風10号、クローサちゃんのしわざなんですが。

 

土砂降りでも今まで開催されてきたフェスが、中止とは…。わたしの知るかぎり、ライジングサンでは前代未聞な気がする。

 

フェスに行く人みんな準備してただろうに。わたしもこの日のために雨対策やら、レジャーシートやら購入していたが、あまり活躍する場面はなくなってしまった。

 

一応払い戻しがあるようだけど、いまのところ未定らしい。

 

1日目と2日目を合わせて、1つの体験というつもりだったので、半分以上のバンドが観れないのはつらい。

 

なにせ北海道はツアーやLIVEの数が少ない上に、有名な人でもなかなか来てくれない悲しい土地柄である。

 

気をとりなおして、あすの2日目に備えるのみなのかなぁ……

 

次はいつドレスコーズが見られるか、フェスならではの曲、フェスならではのバンド編成、これらが味わえなかったのも惜しい。

 

各アーティストの皆さまには、次こそ素晴らしい特別なパフォーマンスを!と、期待してしまうなぁ(´-`)