Roman De Gare

気になったことを心を込めてお送りします。

CamTwistでニコ生やってみる(初期設定)

ニコ生をやるのには色々方法があると思います。
BGMを流して、デスクトップ映して、声を出したい!!というように
最初これが出来ないんですよねー(泣)

音声の設定はちょいとややこしいので先に映像「CamTwist」の設定から説明したいと思います。

まずダウンロードしちゃいましょう→こちらへ
CamTwist
DOWNLOADから最新版をクリック!現時点でバージョン2.4です。
開発元不明の…っと出てきたら無効にしてください。

自分のOSのバージョンを確認しておく必要がありますね
10.5以降は2.4でOKみたいです!


ここから自分のバージョンをチェックできます。



「CamTwist_2.4.dmg」ってのがDLされると思うので、それを開きます。
インストールとかの流れは詳しく説明できないので「ぐぐって!!」

※OS10.8の僕はアプリケーションの所には保存されていても、Launchpadという場所に表示されないので、CamTwistのフォルダからアプリケーションのフォルダにちょいと移動させます。するとLaunchpadに表示されました。この時「Effects」も忘れず一緒に移動させましょう。私はこれに気づかないでしばらくの間盛りだくさんの楽しい「エフェクト」機能を半分くらいしか使えませんでした。画面をマトリックス風にしたり字幕出したりお絵かきしたりするツールのこと。






ニコ生の画面サイズに合わせる設定!初期設定ですね。
これはもう画像と照らし合わせるのが一番です。説明できなーい(笑)


続いて
コマ数「FPS」と画面のサイズ!

高画質配信をする場合には上の数字通りで良いのですが、ニコ生のプレイヤーでやるにはちょっと負担がかかってしまいますので、15FPSと640×480(4:3)で標準装備です。

※画面サイズは通常「原宿サイズ」ってやつですね。Qプレイヤー=ワイド画面(16:9)にするには1280×720、コマ数はご自由に、30以上は効果がないと聞きます。

まずはここまでやってみましょ〜
次は↓これについて説明しますので

ばいびー!