読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Roman De Gare

気になったことを心を込めてお送りします。

4/29『山田玲司のヤングサンデー』にお邪魔しました。

 

放送を観てくれた方もいらっしゃると思いますが、このブログを書いてるわたくしissey(イッセイ)が山田玲司ヤングサンデー 第17回記念スペシャル』に行ってきました!真ん中に写ってる人が僕です(^_^;)

 

なんでこんな事になったか!?と言いますと…。第14回の放送ゼロ年代のお話しの時にブログを書きまして→巨人に捕食される時代〜オトナ帝国とドラ泣き〜 - issey blog's なんてことはないただのリスナーの感想だった訳ですが、玲司先生とおっくんに読んでもらい、今度の番組観覧に来たら?と誘ってもらいました。

しかし札幌在住なので東京に行くとなるといろいろ大変!飛行機もゴールデンウィークに入る時期だったので高いかな?と思って調べると意外にも4月29日はまだ安かったのでLCCの飛行機をすぐに取って、不慣れながら東京まで行ってきました。

少し東京の街を観光した後におっくんと上野で合流しました。そして番組の打ち合わせに向かい、玲司先生は少し遅れてくるということだったのでワクワクしながらお店のカウンターで注文をしているとふらっと横に玲司先生が居て…(笑)あれ?!いつの間にそこに居たんだ!?とびっくりしながらもいい匂いのする先生に早速挨拶するといつも観てるニコ生のまんま、ごきげんな感じで「よく来たね〜!」と言ってくれました。嬉しかったな〜(泣)

 そこからは番組の話しや最近見た映画の話しなどをしてました。常に話しを振ってもらい緊張せずにお話しできました。そして本番さながらのお二人の熱いトークから山田玲司ヤングサンデーは作られて行くんだな〜という瞬間も見ることができました。人間らしくいきいきとしてるお二人を見るのはこちらもすごくエネルギーを貰えるんですよね〜!

しばらく打ち合わせをした後にワニスタへ移動しました。中に入ると岡田斗司夫ゼミでもお馴染みの光景(本棚など)が広がっていて、すでにカメラなどがセットされてました。いつも生放送を観ている感じだと広いスタジオなのかな?と思っていたんですが、番組観覧に来ている人とスタッフとで結構いっぱいになってて、あの中で毎回機材など組み立てて放送してるのかと思うと、そのギャップに驚きました。実は僕も札幌の生放送などで音響のお手伝いをしたことがあって放送するまでのセッティングの事やミスが出来ない!という本番の緊張感は知っていたのでなおのこと感動的でした。

本番直前に玲司先生が「あ、タオル持ってくるの忘れた。湘南乃風の話しした時以来持ってきてないんだよな〜」とそれを聞いたおっくん(湘南住み)が「湘南の街で"湘南乃風"を聴いたことない」って言ってて爆笑してしまいましたwディズニーランドでミッキーに会えない感じでしょうか?(笑)本当にこんな感じで番組始まるのか?!という様な和気あいあいとした雰囲気の中、やはり放送始まる5秒前くらいまで喋っていて、なんとも面白い人達だな〜と思いました。

実際に現場に居ると放送時間はあっという間に過ぎて行き、いつも玲司先生が持っているフリップが丁度僕の角度から見えなくてモニターで確認しながらお話しを聞いていたのですが、後から家に帰ってタイムシフト見ると現場で聞いていた雰囲気と少し違っていました。玲司先生が今日はこれで大丈夫だったのかな?伝わった?とよく言うんですけど、それもそのはずで番組に出てる本人たちはお話しをドンドン前に進めて行かなければならないので、どうしても客観的に放送中全体を捉えて話すのが難しいんだなぁと後ろの席から見てる僕も感じました。でもこれは編集できない生放送ならではの面白さでもありますよね!地上波とは違ってCMもないですからね〜。

そして最後には会員限定の時間におっくんに紹介してもらいました。その時に放送を観てくれてるファミリーの皆さんのコメントも見ましたよ!「素人が出てふざけんじゃねー!玲司先生映せよ!」みたいなコメントは無くてほっとしました(笑)やっぱりファミリーは暖かいですね〜。「飛行機おつかれ!」「私も北海道だよ!」「ブログの人か!!」「読んだよ!」「若い!」など(笑)リアルタイムで反応があるのってメンタルシューティングゲームの反面、すごく面白い体験でした。

放送が終わった後は観覧に来てくれた皆さんとも交流できたのも良かったですね。それから会員限定枠で見事なフリップ芸を披露した『名誉会員の黒羽さん』がなんと今回のきっかけでTwitterを始めました!

皆さんぜひフォローしてあげて下さい。彼は自分で描いた絵をTシャツにする活動などもしているそうで、その内に番組公式Tシャツ作ってくれるかもしれないので要注目ですよ!!

 今回の放送で一番面白かったのは、褒められたり認められて育った子は与えてもらっているので自分の事は置いといて、他人に楽しんでもらおうとパスを出せるという玲司先生の話しで、僕もブログをやっているのは、もしかしたらそういった所に理由があるかもしれないと思いました。今回ほとんど勢いで東京のワニスタまで行きました。そんな中で番組に自分が少しの間出た時にコメントがわーっと流れたのを見て「きっとこの画面の向こう側で次は私も!俺も!行きたいな〜!」と思ってくれる人や「こんなことする人が居るなら自分も何かやろう」と"何か"を与えられたような気がしてます。

なので次はあなたが行ってみてください!もちろん観覧じゃなくても、いろんな方法で今は繋がったり参加することができそうですから、それに本当に玲司先生とおっくんは親切なのでプレゼントのサインも番組終了後に残って書いていたり、メールも全部目を通してますので、ぜひぜひ応募してみて下さいね!

 

そしてこれからも『山田玲司ヤングサンデー』を一緒に応援して行きましょうね!

ではまた次回に!

 

 

山田玲司のヤングサンデー 第17回記念スペシャル!『美大受験に意味はあるのか!?~偏差値38からのアリエネ祭り!!』 ‐ ニコニコ動画:GINZA

 次回の放送は5月13日の20時〜です。

 

f:id:isseyblog:20150502223123j:plain