Roman De Gare

気になったことを心を込めてお送りします。

リメンバー・ジ・アナ回 ~ノーバディズ・パーフェクト~

 

山田玲司ヤングサンデー第37回「ニイマリコのBL白熱教室」が先週ついに放送された。これを機に自分のBL観を改めて考えた話しと、おっくんとニイマリコさんの白熱したやりとりが物議を醸した回でもあったので、そのことについて後半に書くことにした。

 

まずは筆者のBL観について

僕もニイマリコさんと似たような入り方だった。当時小5の僕は、古本屋に並んでるNARUTOのアンソロジーを立ち読みしたことがきっかけで、BLというジャンルを知ることになる。今でもはっきりと覚えているが「カカシのマスクが取れている!?」「こりゃどういうこっちゃ?絵も違うぞ!?」と興味津々で購入した。

その後はネットで読んだり友達に借りていたので、本格的なストーリー性のあるBL作品を自分で買って読むという体験はしないまま大人になる。

そんなある日に出会ったのが、雲田はるこ先生の『いとしの猫っ毛』という北海道を舞台にした作品だった。二人の幼馴染が、小樽市で育ち上京してから二人で暮らす日常が描かれる。なので道産子の僕にはとても入りやすかった。前回の放送でもチラっと名前が上がった、BL界で有名な"かねじゅん"こと金田淳子さんが、ニコ生やライムスター宇多丸さんのラジオで、この作品を紹介していたのがきかっけである。

そんな経緯で今でも楽しく読んでいる。また大抵の場合は「もうなんにも考えたくない」と、思うくらい心が弱っている時に読むとなぜか癒やされてしまうのだ。

そこで、なぜ癒やされるのか?考えてみると現実の世界には、こんなに綺麗な人は存在せず、その外見の美しさもさることながら生き様まで格好良く、ドラマチックなのだ。そして、BLの世界には漫画でしか表現できない、純粋な愛に奮闘する姿が描かれているから、男である自分も除外され不幸な自分を忘れさせてくれるので、素直に作品を楽しめるのだ。

ここで紹介したいのが志磨遼平の『屑・フロム・ヘル』もう10年も前のブログになる。魔神英雄伝ワタルを描いた志磨少年は、ワタルの顔が女の子っぽく描けてしまった為に「自分は美男子好きなんだ」ということが発覚するエピソードを書いている。思わずニヤニヤしてしまうイイ話しである(笑)

 

さて、ここからは前回の放送の感想と分析を書いていこうと思う。

ニイマリコさんのクロニクル(BLとの出会い)からはじまり、女性側の視点からBLを語っていた。「男女の恋愛にすると、女性が夢を捨ててついて行きます。」という対等な関係ではないものを純愛として描かれやすい。そうじゃなくてBLは男同士なので、一緒に夢を追っていく対等な関係性が作られるので良いと語っていた。

僕は目からうろこな話しで面白かったのだが、そんな話しをしている最中にずっと気になるのが「社会性」のあるテーマで、つまり女性の私は「女性らしくしろ」を押し付けられて生きてきたと語る部分に、何か不穏なものを感じていた。

そこにおっくんが「男女の越えられない壁があるから、生まれるコンテンツだろう。」

とか「女性の視点からだけで読み解くのは、作品の本質がつかみにくくない?」など、いつものおっくんらしいツッコミを入れていたのだが…。漫画の話しよりもフェミニズムなどの方向にどんどん火がついて行ってしまったのだ。

それまで視聴者も何らかの“フラストレーション”が溜まっていたのだろう。次第に荒れはじめ、番組の行方が迷走気味になっていることに対するコメントや、「おっくん派」「ニイマリコ派」に分かれて、激論が交わされていったのである。

たしかに近頃では、男女が「生まれてきた性別にそって」生きることを強制する世の中ではない方向に動いていると思う。それが、日本では「渋谷区がパートナーシップ証明」を導入し、同性愛者でも婚姻と同じ程度のパートナー関係である証明を取ることが可能になったり、米国では2015年6月末に、同性婚が全州で合法化されたことなどに現れてる。もう少しやわらかい話しでいくと、僕みたいに男でもBLを読んだり、性別に問わず様々なファッションに身を包んだり、日常生活ではもはや「男らしく」「女らしく」などが自由になってきている。しかし、社会にはまだ馴染みの薄い、新しい価値観だから浸透するまでに時間はかかりそうだ。

 

では、どういう風に白熱してしまいがちな、社会性がチラつく問題を見ていけばいいのか?岡田斗司夫さんのメルマガに書いてあったことを使って考えてみたい。

                                  ※一部抜粋

「同性愛って、単なる特殊性癖じゃないの?」という質問に対して、「趣味の問題なのか、脳の回路の違いなのかはよく分からない。しかし僕らの趣味嗜好や生き方は、どれくらい変えれるものなんだろう?」

「人様からからやめればいい、と言われても実はやめられないものがある。お酒、博打、まっすぐな生き様、損得勘定をついしてしまうとか。その辺のことでも僕らはやめられないので、人のことに口出ししてもしょうがないと思う。」

しかし世の中、世間はそうは考えてくれない。「それは間違ってる」とか「みんなこういう風にしようよ」というのが僕らの社会である。そうすると、個人として自由であり続けようとすれば社会的では無くなってしまう。

そこで岡田さんが考えたのは「反社会的」と「非社会的」の違い。

・反社会的…社会に対して、自分の生き方を通そうとし社会を壊そうとすること。

・非社会的…社会に対して、自分の生き方をこっそり通し、社会なんか関係がないよとすること。

非社会的であることは構わない。でも往々にして、非社会的であることは自分の正しさを証明しようとして、反社会的になりがちだ。

なので、僕らはせいぜい反社会的にならないくらいに止めておくのが今できることかな。

 

前回の放送を思い返してみると、反社会的な問題が見え隠れしたことに僕や視聴者は勘付いて、反発が起こった。それゆえに、番組本来のおもしろさが感じづらかったのではないかと思う。

山田玲司ヤングサンデーは、反社会的な番組ではなく自分の生き方を周りの人間と協調し合いながら、こっそり世の中に通して生き残っていこうと教えてくれる番組であり、時代に取り残されがちなコンテンツを取り上げて、じっくり考えたり、新しい見方を育てる場所でもある。

なので、社会性のあるテーマだけで見るのではなく、BLの世界を一つの漫画のジャンルとして、視聴者が興味を持つ為には、一体何が必要なのか?どこが面白いのか?を課題であった『Jの総て』『同級生』などを使いながら解説して欲しかったのだ。

番組の最後では、コメントで「もう見返さない」や「面白くなかった」などの意見も多く、それぞれが放送後、後味の悪い気分になったのではないかと思う。アナ回(中2ナイトニッポンvol.7)の時に玲司先生が「菊の御紋さん」からの「腐女子は完治しますか?」という質問に対しての回答がなかなか良くて、その話しの延長線に「ニイマリコのBL白熱教室」があって、玲司先生の分析をフリップで説明してくれたら、より分かりやすくつながったのではないかと思う。

それでも、BLに対して新しい発見があり、面白かったことには変わりなくて、同性同士で様々な困難と対峙した末に最期は「愛」で救えるのか?問題や、受けと攻めは「愛したい」と「愛されたい」に置き換えられること、これは作者と読者の関係にも似てるのかなと思ったり…。そして僕自身もそういった「当たり前のこと」に縛られる価値観が嫌いでロックを好きになり、漫画も好きになってきた人生だったので、すごく心に刺さる回であった。

 

 

最後に『Jの総て』に出てくる、マリリン・モンロー出演作の『お熱いのがお好き』のラストシーンの話しをさせてほしい。

映画『お熱いのがお好き』1959年 (ネタバレあるよ! byハマムラ・イッセイ)

舞台は禁酒法時代のシカゴ、マフィアの殺害現場を目撃してしまった演奏者のジョーと相棒のジェリーは、マフィアの手から逃れるために女装をして、女性だけの楽団に紛れ込むことになる。そこでウクレレと歌手を担当するシュガー(マリリン・モンロー)と出会う。一行を乗せた列車はフロリダ州のマイアミのホテルに着き、女装していたジェリーはホテルに居た大富豪の船乗り、オスグッド3世から求婚されてしまう。

そんな生活を送っている間に、ホテルではシカゴに居たマフィアとそのボスの組織が集会を開こうとしていたのである…。

またもやマフィアから逃げなくてはいけないジョーとジェリーは、オスグッド3世の用意したボートに乗り込み、シュガーと一緒に4人で島から脱出することになるのだ。そこで交わされる最後の会話が…

 

ジェリー「オスグッド、本当のことを話すわ。私たち結婚できないの」

オスグッド「なぜだい?」

ジェリー「本物の金髪じゃないのよ」

オスグッド「気にしないよ」

ジェリー「タバコも吸うのよ」

オスグッド「気にしないさ」

~中略~

ジェリー「わからないのね、オスグッド…俺は男なんだよ!!(カツラを脱ぎ捨てて)」

オスグッド「…完璧な人間なんていないさ(ニコッ)」

-THE END-

 

『Jの総て』からこのオチまで、完璧な人間はいないかもしれない。しかし、物語と人間が存在しないと、こんなにキレイに話しがつながることもないだろう。

 

 Nobody's Perfect 

 

この言葉に尽きる山田玲司ヤングサンデー第37回「ニイマリコのBL白熱教室」でした。

 

 

ここまで読んでくれた皆さん、ありがとうございます。またね!